HDMIとDVIの比較

最近のゲーミングモニタとグラフィックボードにはHDMIとDVIの接続端子があります。DisplayPortもありますが、普通はHDMIとDVIのどちらかを選びます。ではHDMIとDVIの違いはなんなのでしょうか。どっちを選べばいいのでしょうか。私自身、BENQの144Hzゲーミングモニタを買って、接続端子で困りました。良い機会だと思い、調査したのでここに記録しておきます。

画質の綺麗さ

画質に関しては基本的に同じです。どちらもデジタル信号をサポートしています。GeForceグラフィックボードはHDMIもDVIも同じ信号を発しています。だから画質に違いは現れません。しかしRadeonの場合は要注意です。HDMIだと若干滲んた感じにします。だからRadeonの場合はDVIをおすすめします。

120Hz, 144Hz

DVIには2種類があります。DVI-DとDVI-Iです。シングルとデュアルといったほうがわかりやすいかもしれません。120Hzや144Hzに対応しているのはDVIのデュアルです。シングルでは60Hzまでしか対応していません。HDMIはバージョンやモニタによるのですが、基本的に120Hz以上を表示させることは出来ません。だからゲーミングPCおすすめガイドで紹介されているようなハイスペックPCを使っていて、さらに高リフレッシュレートのゲーミングモニタを持っているならDVIをおすすめします。

音声出力

最近のゲーミングモニタにはスピーカーが搭載されています。オンラインゲームをやっているならヘッドホン、ヘッドセットをするのが普通ですが、普段はスピーカー出力のほうが疲れません。モニタから音声を出力したいならHDMIを選んでください。DVIは映像のみで、音声には対応していません。

価格

HDMIのケーブルは高額です。新しく買う場合は「ケーブルにこんなお金出すのはちょっと・・・」と躊躇することでしょう。ゲーミングPCにもゲーミングモニタにも必ずDVIケーブルが付属しているので、HDMIケーブルをわざわざ購入する必要はありません。

劣化

接続方式の違いは決定的です。HDMIは挿すだけ、DVIは挿して固定します。接続の簡単さを考えればHDMIのほうが優秀なのでしょうが、どうしてもグラグラしてしまうため、突然映像が映らなくなったり、接続不良を起こすことがあります。実際私のPS3はHDMI接続していて、接続不良を起こしています。でもがっちり固定しているゲーミングPCのDVIはいつも安定しています。

結論

ゲーミングモニタを使っているなら、DVIをおすすめします。HDMIを使う理由がありません。特に120Hz,144Hzに対応しているか、という違いが決定的です。